下町ロケット ヤタガラス 8話 無料視聴

下町ロケットヤタガラス編8話を無料視聴することができる方法をご紹介!

1週間まではTBSFREEで見逃し配信していますよ⇒TBSFREE

それ以降なら動画配信サービスのパラビで見ることができますよ。

パラビは登録した月は無料で見ることができるので下町ロケットゴースト編、ヤタガラス編を1話から一気に見ることができますよ。

下町ロケットヤタガラス編8話を無料視聴するには

上で紹介したほかにも無料で見ることができる方法があります。

GYAO

ヤフーの動画配信サービスGYAOでも下町ロケットを配信してくれています。

ただ、見逃し配信なので最新話の1週間だけになります。

TBSのドラマを見るにはこれくらいですね(^_^;)

あまり配信されているところはありません。

ただ、初期の下町ロケットはU-NEXTで配信されていますよ。

下町ロケット ヤタガラス 8話 視聴率

下町ロケットヤタガラス編もいよいよ終盤。

気になる8話の視聴率は・・・11.5%

と、高視聴率をキープしています。

ただ、7話よりも0.5%ダウンになります。

下町ロケット ヤタガラス 8話 あらすじ

満を持して登場した帝国重工の無人農業ロボット「アルファ1」

しかし、次の日それよりも注目されたのが下町トラクターの「ダーウィン」でした。

ダーウィンは朝のニュース番組で取り上げられていました。

これが、重田(古舘伊知郎)や伊丹(尾上菊之助)らが企んでいた帝国重工潰しの第一歩でした。

追い打ちをかけるように、週刊誌に的場(神田正輝)のこれまでの悪行が暴露されてしまいました。

佃(阿部寛)らはほとんど蚊帳の外。

ただ、重田らの手腕に驚きを隠せずにいました。

そんな時に、大規模な農業イベント「アグリジャパン」の開催を野木(森崎博之)から聞いた佃は、殿村(立川談春)を誘って会場に足を運ぶことに。

そのアグリジャパンでは帝国重工潰しの第2幕が用意されていました・・・

下町ロケット ヤタガラス 8話 ネタバレ

佃(阿部寛)たち、佃製作所のメンバーは野木(森崎博之)が手掛ける自動無人ロボットの開発を手伝うことに。

実験用トラクターを佃製作所で開発を行うことになりました。

が、なかなか作業な難航するばかり。

そんな中、帝国重工は出鼻をくじかれて不穏な空気が立ち込めます。

さらに、そこに週刊誌に暴露された的場(神田正輝)の下請け潰しが記事にされてしまい、悪のレッテルを張られることになった帝国重工。

的場の立場も危うくなり、現社長の藤間(杉良太郎)が社長を継続することになります。

そこで、アルファ1とダーウィンが激突することに。

そんな折、帝国重工からロケット事業の進展があると呼び出されることになります。

帝国重工のロケット開発を再開することが決まりました。

もちろん佃製作所はバルブを提供しているが、帝国重工でも独自のバルブシステム開発を進めていると水原(木下ほうか)告げられるのでした。

ただ、ここで引き下がる佃ではありません。バルブ性能が帝国重工のバルブ性能よりも上回れば採用をしてもらえるように提案。その提案を了承する水原でした。

アルファ1とダーウィンの対決が岡山県で開催される農業イベントの「アグリジャパン」が舞台になりました。

佃と娘の利菜(土屋太鳳)の仲も良くなり、お互い仕事で勝負することに・・・

アグリジャパン当日、現社長も会場に足を運び、伊丹(尾上菊之助)から手紙をもらい元ギアゴーストの島津(イモトアヤコ)も足を運ぶことになります。

会場でのダーウィンの人気はすごく、近くによることができないくらいの人だかりになっています。

最終イベントのダーウィンとアルファー1の性能勝負はというと・・・

と、ネタバレはここまでです(^^♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする